読者に読まれるブログ記事の文章の書き方8つをご紹介!読者に読まれるマル秘の方法とは?

ブログの運営でどうしても欠かせない作業が「記事の作成」です。

 

ブログは記事を通して情報を読者に届けますから記事の作成を適当に行えばアクセスは一向に増えません。

 

そのため、読者が記事を読んでいてストレスを受けず自然と読んでしまうような文章を構成する必要があります。

 

ですが、ブログ初心者のほとんどの人がその方法を知りません。

 

先ほども言った通り、この方法を知らなければどれだけ読者にとって有益な情報でも読者に読んでもらうことはできません。

 

この記事では、読者が読んでいてストレスを感じな文章構成のコツを8つ紹介しています。

 

「読者に読まれる文章構成」と聞くと難しいイメージを持つ人もいますが、ブログの記事を作成する上で基本の事です。

 

しかし、この基本を知らない人が多いためブログを始めてもアクセスを集めることが出来ず挫折してしまう人が多いと言われています。

 

つまり、これから紹介する文章の構成を知るだけでブログ記事の基本が身に付きますから、今後の結果が大きく変わってきます。

 

そのために、今回の紹介する文章構成をマスターしておくようにしましょう♪

 

 

スポンサーリンク

読者が読んでいてストレスを受けない文章を構成するコツ8選

まずは、読みやすい記事にするために文章の書き方、

 

文字数、文章の構成、ルールについて紹介していきます!

 

ブログ記事の文字数は3000字以上!その理由は?

ブログ初心者の人は、記事の文字数を気にしてブログの記事を書かない傾向があります。

 

まぁ、最初は記事をかくのでせいいっぱいだと思うので、中々文字数を気にすることは難しいと思います。

 

ですが、そんなブログ初心者でも読者が読みやすいと思えるブログ記事の文字数は覚えておくようにしましょう。

 

読みやすい文字数については色んな人が意見をしているのですが、

 

その中でも一番多い意見は3000文字という意見です。

 

今の成功しているブロガーさんの人は大体1記事3000文字になっています。

 

ハルマ
ハルマ
勘違いしないでほしいんだけど、必ず3000文字以上じゃないとダメ!というわけではないからね!

 

今活躍しているブロガーさんが1記事当たり3000文字の理由は、

 

読者の1つの疑問に対して、その回答する記事の文字数が大体3000文字だからです。

 

なので、読者の1つの悩みについて回答することが出来れば、ブログ記事の文字数は1000文字でも5000文字でも良いというになります。

 

しかし、ブログ記事の文字数は最低2000文字の記事は書いた方が、良いと思います。

 

なぜなら、その方がSEO的にも高い評価を受けることが出来ますし、読者にとっても読みやすいからです。

 

文字数が少なすぎる記事は読者にとって味気ない印象を持たれることがありますから最低でも2000文字、どんな内容でも3000文字を目指して1記事の作成を行うようにしましょう!

 

関連記事

初心者がブログのテーマを選ぶ上で重視してほしい7つの項目とは

 

ブログ記事で構成する漢字・ひらがな・カタカナは適切な割合で使用することを心がける

漢字・ひらがな・カタカナの割合については、ブログ記事を作成する以外ではあまり意識をすることがないと思います。

 

ですが、読者に読んでもらうブログの記事では漢字・ひらがな・カタカナの割合は読みやすい文章を構成する上で意識するべきポイントです。

 

その上で、読みやすい文章を構成する上で漢字:2 ひらがな:7 カタカナ:1の割合で書けると見やすい文章が出来上がると言われています。

 

しかし、こんなこと言われても実際に割合を計算するわけにもいきませんよね💧

 

そのため、ブログ記事で文章を構成する上では下記の5つのポイントを押さえておくようにしましょう♪

  • ブログ記事で押さえるべき5つのポイント
  • 漢字は長く続けない
  • 難しい漢字は使わない
  • 動詞と名詞以外はひらがなにする
  • 合っているか分からない漢字はひらがなにするか調べる
  • 1文を長くしすぎない

 

上記の5つのポイントを意識する事により、自然と漢字・ひらがな・カタカナの割合が理想の数字になり読みやすい文章が出来上がります!

 

漢字とひらがな、カタカナの使うタイミングに困ったときは5つのポイントを思い出すようにしてみてください。

 

句読点を使うタイミングをマスターするだけで見やすい文章を作成することが出来る?!

普段の私生活で文章を構成する上でも多くの人が1番気を付けている句読点ですが、僕的にはこの句読点を使うタイミングが分からなく困っています💧

 

僕以外にもこの句読点のタイミングが分からずに、困っている人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、句読点は正しいタイミングで使うことができれば、とても見やすい文章にすることができあがります!

 

そのため句読点を使うタイミングはブログで記事を構成する上では必ずマスターしておきたい点です。

 

僕は句読点を使うタイミングに自信がないため自分なりに調べてみましたが、下記の6つを心がけることにより正しい句読点のタイミングをマスターすることが出来ます。

 

句読点の使うタイミングが分からない人は参考にしてみてください。

 

  • 読点(、)のタイミング
  • 主語の区切り
  • 文の最初の接続詞、副詞の区切り
  • 誤読を避ける時
  • 例挙する時

 

  • 句点(。)のタイミング
  • 文の終わり(100文字くらいで文は終わらせられると最適)
  • !・?の後には打たない

 

ブログ記事を作成する上では上記の6つを心がけることにより正しく句読点を使うことが出来ます。

 

先ほども言いましたが、句読点を正しく使うことが出来るだけで文章の読みやすさは格段に変わってきます!

 

そのため、句読点を使うタイミングに自信がないという人は上記の6つは最低でも押さえながらブログ記事を作成するようにしましょう♪

 

ハルマ
ハルマ
時には臨機応変に対応して「この方が読者はよみやすいかな」といった工夫があれば試してみるのも良いと思うよ!
スポンサーリンク

改行と段落は読みやすい文章を構成する上で1番効果的な要素

日ごろの文章構成で改行と段落については、あまり気にをかけないと思います。

 

ですが、ブログで記事を構成する上では、改行と段落について気にかけるようにしましょう。

 

その理由は、実際に下記の例文を見ていただければ一発で分かると思います。

 

先生からはよく勉強をしないことで怒られていて、昼休みは前日の宿題を見張られながらやっていました。小学生から中学生になる段階でも同じ学年、先輩、後輩のメンツが変わることなく上がりました。そのため、小学校とおなじみのメンツで引き続き遊び、まるで小学校の延長線上の感覚でした。唯一違うことがあるとすれば、「高校受験」があることです。高校に進学する際に、ずっとおなじみだったメンツがバラバラになることになります。当時はそれでも「会おうと思えば会えるでしょ」と思っていたので悲しい感情は沸きませんでした。しかし、僕にとってこれから始まる高校生は決して明るいものではなく、むしろ悲劇へと変わっていきます。

上記の例文を見ていただければ分かりますが、すごく見にくいですよね💧

 

このような文章が3000文字も続けば、書いた本人でも読むのを途中でやめたくなります(笑)

 

ですが、この文章に「段落」と「改行」を加えるだけで見やすさが大きく変わってきます✨

 

先生からはよく勉強をしないことで怒られていて、昼休みは前日の宿題を見張られながらやっていました。

 

小学生から中学生になる段階でも同じ学年、先輩、後輩のメンツが変わることなく上がりました。

 

そのため、小学校とおなじみのメンツで引き続き遊び、まるで小学校の延長線上の感覚でした。

 

唯一違うことがあるとすれば、「高校受験」があることです。

 

高校に進学する際に、ずっとおなじみだったメンツがバラバラになることになります。

 

当時はそれでも「会おうと思えば会えるでしょ」と思っていたので悲しい感情は沸きませんでした。

 

しかし、僕にとってこれから始まる高校生は決して明るいものではなく、むしろ悲劇へと変わっていきます。

 

どうでしょうか?同じ文章でも見やすさが全く違いますよね!

 

ハルマ
ハルマ
段落と改行を使うだけでこんなに見やすい文章なるんだね!

 

ですが、ただ適当に段落と改行を使用しても最大限に活かすことはできません。

 

そのため、段落を使う際には正しいタイミングを知っておく必要があります。

 

段落の使う正しいタイミングは、話題が変わる時になります。

 

つまり、同じ話題の文章はなるべく1つの段落で整理した方が良いということです。

 

しかし、同じような内容でも文章が長くなるような時はどこかのタイミングで段落を分けてみると更に見やすい文章を構成することが出来ます。

 

こいき
こいき
段落と改行のタイミングは臨機応変な対応をすると見やすい文章ができるワン!

 

ブログ記事内に見出しを入れるだけで読者は頭を切り替えることが出来る

ブログで記事を作成する時には、見出しをうまく使うことにより見やすい文章を構成することが出来ます。

 

見出しとはその章に書かれている文章を簡潔にまとめたタイトのようなものです。

 

その見出しを使って文章を整理しながら、記事を書いていくことにより書いている文章が整理され読者からも見やすい文章を作成することが出来ます。

 

ハルマ
ハルマ
見出しがないと見にくいし読みにくいで最悪な記事になるから気をつけてね(笑)

 

見出しを配置することにより、

 

「この段階で話が変わるのか」

 

「今からこういう話をするのか」と、読者の頭を切り替えることができます。

 

SEO的に見出しを配置している記事はしていない記事よりも高い評価を受けることができるので、見出しは必ず入れるようにしましょう✨

 

関連記事

【ブログ初心者必見】SEO対策って何?という疑問に詳しくお答えします

 

読者に役立つ目次の重要な役割と目次を設ける時の注意点

多くの人がブログの記事内で目次を設けていますが、目次を記事内に設けることも記事を見やすくするための1つの工夫になります。

 

なぜなら、目次を書く事により「この記事ではこのような事を書いています!」と、先に読者に宣言することができるからです。

 

読者的には目次を見るだけでこの記事は読むべきか読まないべきか判断することができます。

 

そんとあめ、目次を入れた方が読者からも親切な記事だと判断してもらうため目次は記事内にいれるようにしましょう。

 

ハルマ
ハルマ
先に記事の内容が書かれている方が親切な記事の印象があるよね♪

 

目次があることにより、読者にとって必要な情報がどこに書かれているのか確認することもできるので目次を入れることで読者は多くのメリットを得ることができます。

 

ですが、あまりにも見出しが多い場合は見出しを非表示しておくことをおすすめします。

 

なぜなら、見出しが多いことであまりにも目次の項目が多くなると読者は読む気を無くしてしまうからです。

 

皆さんも記事を見て、目次の項目が多いと「こんなに読むことあるのか、、、めんどくさい」と思ってしまいます。

 

そのため、目次の項目が多い場合は記事を開いた段階では非表示にしておき、気になる読者にだけ目次を表示してもらうように設定しておきましょう♪

 

スポンサーリンク

ブログ内の記事で要点を分かりやすく伝えるための工夫をしよう

皆さんが学生の時に授業中にノートをとっていたと思うのですが、その際に重要なポイントを色ペンで記載したりマーカーで単語を引いていたと思います。

 

この事をぜひブログでも行うようにしましょう♪

 

つまり、ブログで記事を作成する時に重要な文章を

 

マーカー

 

太字

 

色文字

 

といった、装飾で分かりやすくしてあげるということです。

 

ブログの記事を読む人は忙しい人が多いため、ほとんどの人が流し読みをします。

 

その時に重要なポイントを装飾しておくことで読者にも分かりやすく親切なブログだと印象を持たれます♪

 

ですが、あまり多すぎても逆効果になり、むしろ分かりにくいブログだと思われます。

 

そのため、装飾をするときは本当に重要なポイントだけを装飾するようにしましょう。

 

ちなみに僕の場合は、その装飾だけで章の内容が伝わる部分を装飾しています。

 

僕のマネをするのも良いと思いますが、自分の中でルールを設けた上で装飾をするのも良いと思います。

 

しかし、その際には先ほど言ったようにあまり装飾をしすぎないという注意点を踏まえた上でルールを設けるようにしましょう♪

 

ハルマ
ハルマ
色を使う場合は色の種類が多すぎない方が良いから注意してね!

 

ブログでの説明の伝え方は文章だけじゃない

ブログ記事で物事を伝える時には、基本的に文章で伝えることになりますが、記事で物事を伝える方法は文章だけではありません。

 

ブログ記事で物事を伝える方法は文章以外に、、、

 

  • 物事を文章以外で伝える方法
    • イラスト
    • グラフ

 

上記の3つうまく使うことにより、長い文章で説明をしなくてはいけない物事もいっぱつで伝えることが出来ます♪

 

ちなみに、上記のような文章以外で物事を伝えるタイミングは、、、

 

  • 文章が長くなる時
  • 専門用語を使わなくてはいけない時
  • 上手く言葉で伝えることが出来ない時

 

主にこの3つのタイミングです。

 

ブログの場合はメルマガと違って、表やイラストで紹介することもできるのでブログの利点をうまく使って紹介するようにしましょう!

 

自分なりの工夫で、分かりやすく読者に説明してあげれるようにして下さい♪

 

ハルマ
ハルマ
小学生、中学生でもわかるくらい簡単な説明だと良いかな♪

 

また、どうしても文章で伝えなければいけない時はシンプルに紹介してあげることで読者も理解しやすいです✨

 

話が脱線してないか?無駄な事は言ってないか?余計な説明を加えてないか?

 

といった事に注意して簡潔に説明できるようにしてあげると多くの読者から分かりやすい思われるブログ記事を制作することが出来ます♪

スポンサーリンク

最後に

今回は記事を読みやすくするための文章の書き方について紹介しました。

 

文章を書くというのはブログを運営する上で基本の事です。

 

この基本ができなければブログを運営する上で成功することは難しいです。

 

正直文章を書くというのは、書けば書くほど今回紹介したことは自然とできるようなります。

 

しかし、意識をするのとしないのでは出来るようになるまでのスピードが明らかに違います!

 

今回知ったことを意識して、今よりもっと文章の書き方、構成作りに磨きがかかるように頑張ってください!

 

また、ブログの記事を見やすくするためには記事のデザインにもこだわる必要があります。今回紹介した文章の書き方を実践するだけでもだいぶ見やすさが変わるのですが、

 

もうワンポイントとしてデザインにもこだわれると更に読者にとって見やすい記事を作成することができます。

 

初心者の人でもデザインにこだわることが出来る必要最低限のポイントを下記の記事にまとめましたので、

 

記事をもっと見やすくしたいという人はぜひ下記の記事を合わせて読んでみてください。

 

関連記事

ブログ記事のデザインを変えるだけで見やすくなる5つのポイント知ってる?

カテゴリ:記事に関する講義 

管理人プロフィール

名前:ハルマ

18歳から自分の夢をきっかけにブログを始めました。ブログを始めた当初はネットに関して全く知識のない状態から始めました。

現在は将来のネットビジネスの会社のために資産作りとしてブログを運営し、毎日1記事投稿を行っています。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿

スポンサーリンク




ブログを始めたい人におすすめの記事

スポンサーリンク
大学生に読んでほしい記事

ページの先頭へ