ブログ初心者が記事作成する時の押さえるポイントはたったの2つ‼

 

ブログを始めたばかりの人に僕は「とりあえず100記事書こう」とアドバイスをします。

 

僕じゃなくても、ほとんどの人が最初の目標は「100記事書く事」と、ブログで紹介していると思います。

 

しかし、最初から「100記事書こう」と言われても、できる人もいると思いますが、できない人ももちろんいると思います。

 

そんな人には、これから紹介する「2つのポイントを押さえながら10記事書こう」とアドバイスします。

 

今回はブログを書く上で意識してほしいポイントを2つ紹介していきます。

 

スポンサーリンク

記事の良し悪しを決めるのは読者

 

皆のためになる記事を書かないと

最低でも3000文字は書かないと見てもらえない

と思って作業するのをやめていませんか?

 

初心者の人がこのような気持ちを抱えてしまうのは分かります💧

 

ですが、それで作業が止まっているのならその不安は一旦忘れてください!

 

ハルマ
ハルマ
現代のネット社会には情報で助けられる時もあるけど、惑わされちゃうときもあるよね(笑)

 

誰も皆最初から完璧な記事を書けていたわけではありません。

 

そもそも自分が「この記事は良くないな~」と思っても

 

読者が良く思えばそれは良質な記事ってことになります✨

 

つまり、記事の良し悪しを決めるのはあくまで読者です!

 

読んでもらう前から、記事を書いている人が「これはダメ」

 

「もっと良くしないと」と考え、作業を止めていては時間の無駄です!

 

関連記事

ブログ初心者に教える日記ブログのメリットと成功するための近道をご紹介‼

 

最初は皆が初心者

そして、初心者だと最初から長い文章を書くのは難しいと思います。(2000文字~3000文字)

 

結局、そう思ったまま10記事も書かないでブログをやめてしまう人がほとんどなんですよね~

 

ですが、初心者の内から記事の質や文字数に目を向けるのはやめましょう。

 

僕らが意識するべきは「記事を書き始めること」です!

 

ハルマ
ハルマ
最初から完璧な記事を書く必要はないよ♪

 

そもそも最初から完璧な記事を書ける人なんかいませんよね(笑)

 

僕の投稿した記事でさえ、投稿後何回も書き直して更新しての繰り返しです。

 

ブログは後から何度でも書き直せるのがメリットの1つです。

 

そして、完璧な記事なんてこの世にないんです!

 

今自分が出せるすべて力を出して、書けることをすべて書くよう意識して書く事を始めてみてください✨

 

関連記事:

ブログの記事のネタ探しはこの5つの方法で決まり!ネタを探すときは○○を基準に決める

スポンサーリンク

記事タイトルにキーワードを入れよう

「最初は完璧じゃなくても大丈夫!」と言われても、

 

最低限の押さえるべきポイントは知りたいですよね♪

 

なので、記事を作成する際の最低限のポイントを2つ教えたいと思います。

 

1つ目は「記事タイトルに最低2つのキーワード」を含めることです。

 

その理由は

  • 記事の内容がずれにくくなる
  • 記事のタイトルが多くの人にささりやすくなる
  • 読者に検索されやすい

の以上の3つになります。

 

1つずつ紹介していきます!

 

関連記事

ブログの記事タイトルの決め方を6つご紹介!アクセスupの効果あり

 

記事の内容がずれにくくなる

まず、作業としては自分が書きたい記事で頭に思い浮かぶキーワードを2つイメージします。

 

例えば「パソコン」について書くという時には

  • パソコン+ランキング
  • パソコン+デスクトップ
  • パソコン+選び方
  • パソコン+ノート
  • パソコン+中古
  • パソコン+画面
  • パソコン+マウス
  • パソコン+電源

 

パソコン+「書きたい内容」のような感じでキーワードを2つ設定することで、

 

記事の内容を明確にすることができます。

 

僕も実際にこの方法で記事の内容を決めています♪

 

この方法を行うと、最初のキーワードを決めているので記事の内容もぶれにくいんですよね✨

 

しかし、初心者の人は「中々キーワードが選べない~」という人もいると思います💦

 

その場合は、記事の内容を書いてからタイトルのキーワードを2つ決めるようにしてみてください!

 

ハルマ
ハルマ
つまり、行う手順を逆にしてみるという事だね♪

 

キーワードの選定の仕方については別の記事でも紹介しているのでそちらの記事を参考にしてみてください。

 

関連記事

ブログの記事のネタ探しはこの5つの方法で決まり!ネタを探すときは○○を基準に決める

大学生の人はこちらの記事もおすすめ↓

 

記事のタイトルにキーワードを入れるだけで印象が変わる

パソコンのすごい機能

というタイトルを見て、あなたは読みたいと思いますか?

 

すごい機能って何だろう?って思いますが、どんな機能か分からないため

 

クリックをしようとは思いませんよね💦

 

そのためデスクトップ?ノートパソコン?どういう系の機能?いつのパソコン?と

 

様々な疑問が浮かび、逆に困ってしまいますよね~

 

しかし、このような困らせるタイトルでもキーワードを入れるだけで印象がガラッと変わるんです✨

低価格ノートパソコンのおすすめはこれ。低価格だけど高性能!

 

キーワードは「低価格」と「ノートパソコン」、「おすすめ」です。

 

こちらのタイトルの方が見ただけで内容が想像しやすいため、

 

低予算でパソコンが欲しい人のためになる記事というのが一目瞭然ですね♪

 

皆さんの記事も自分の記事タイトルを読み返して、内容が想像できるか確認してみてください!

 

ブログでのキーワード選定法・重要性・初心者にもできる活用法をご紹介!

 

読者に検索されやすい

キーワードを設定するだけで読者に検索されやすいですよね。

 

すでに書いてある記事があったら、

 

どのようなキーワードで検索すればその記事にたどり着くか考えてみてください。

 

このようタイトルを例に挙げてみます

タイトル:ひまわりの成長11日目

 

この場合、極端な話、

 

「ひまわり 11日目」と検索すれば上位に表示されやすそうですね。

 

ハルマ
ハルマ
だけど「ひまわり 11日目」と検索する人なんて中々いないよね(笑)

 

自分のリピーターとなっている読者は読みに来てくれるかもしれませんが、

 

見てくれるのはその日だけです、、、

 

こんな時は、どれだけ時が過ぎても検索されるようなキーワードを入れると、

 

このような問題は解決します✨

 

その時だけでなく長い目でキーワードを決めるのも1つのポイントですね♪

 

関連記事

ブログで集客ができない人の特徴7選!まずは○○を意識しよう!

 

見出しにもキーワードを入れる

ポイント2つ目は「見出し」にも「キーワード」を入れることです。

 

見出しとは、、、

 

上の写真でいう赤枠で囲まれている部分ですね!

 

見出しは記事を見やすくするために必要不可欠です♪

 

記事の話を少し変えたい時に見出しを入れることで、

 

読者にとっても読みやすい記事が出来上がります✨

 

そしてその見出しを入れる際にキーワードを1つ入れるようにしてみてください!

 

ハルマ
ハルマ
もちろんキーワードを入れて日本語が変な風になる場合は無理に入れる必要はないよ!

 

見出しは次の本文をまとめた「小さなタイトル」のイメージです温ぴ

 

文章の中に出てくる重要な「キーワード」を見出しに入れると、

 

更に見出しを活用することができます!

 

記事のタイトル同様に文章を書いてから見出しを決める方法で良いので

 

ぜひ取り組んでみてください♪

 

関連記事

SEO対策にもなるh1タグ設定のルールや注意点をご紹介!

スポンサーリンク

最後に

今回はブログを書く上でずうようなポイントを2つ紹介しました。

 

「キーワード」を設定するだけで、記事を書く本人も書きやすくなりますし、

 

読む側の読者にも読みやすい文章を提示できるので、

 

ぜひ「キーワード」を初心者の人は特に意識してみてください♪

 

最初の方にも言いましたが、最初から完璧を目指さなくて大丈夫です。

 

完璧な記事なんてないですから(笑)

 

それよりも、自分の出せ力をすべて引き出す努力をしてみてください!

 

読者側からしたらそれは完璧な記事ではなくても、

 

それはブログを運営する上での「完璧な姿勢」だと思います✨

 

まずは「目指せ10記事!」です。そうやって少しずつ目標を達成していけば、

 

100記事というのも、きっとあっという間です。

 

一緒に100記事書けるように頑張りましょう!

 

関連記事

ブログで行う目標設定の重要性を徹底解説!継続するための工夫もご紹介

カテゴリ:記事に関する講義 

管理人プロフィール

名前:ハルマ

18歳から自分の夢をきっかけにブログを始めました。ブログを始めた当初はネットに関して全く知識のない状態から始めました。

現在は将来のネットビジネスの会社のために資産作りとしてブログを運営し、毎日1記事投稿を行っています。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿

スポンサーリンク




ブログを始めたい人におすすめの記事

スポンサーリンク
大学生に読んでほしい記事

ページの先頭へ