プロが行ってるサイトの記事の書き方で意識してるポイントを4つご紹介‼

ブログ初心者の人は文章を書く事に慣れていない人が多いです。

 

そのため、いざコンテンツ作成を行っても中々うまい文章を作れません💦

 

この事は何も恥ずかしいわけではなく、文章に慣れていない人にとっては当たり前のことです。

 

実際に僕もブログを始めた最初の段階は文章が下手すぎて1記事作るのに5時間以上かかっていました(笑)

 

今回はそんな僕が文章をうまくするまでに押さえたポイントと文章に取り入れられる簡単なテクニックについて紹介していこうと思います✨

スポンサーリンク

ブログ記事の書き方①最初に結論から述べる

サイトやブログの記事で文章を書く時は最初に結論から述べるようにしましょう。

 

その理由は以下の通りです。

 

  • サイト・ブログの記事で結論から述べる理由
    • ユーザーは記事を全部読まないから
    • 記憶に残りやすくするため

 

それぞれ詳しく紹介していきます♪

 

ユーザーは記事を全部読まない

皆さんはユーザーが自分のサイト・ブログの記事をすべて読まないという事実を知っていたでしょうか?

 

自分が読者の立場になってみれば分かると思うのですが、一門一句すべて読むのは稀ですよね?

 

自分たちも含め、ユーザーはその文章で何を言いたいのかが分からないとすぐにクラウドバックしてしまします💦

 

そんな読者を少しでも減らすためにも、先に結論から述べるようにしましょう。

 

普通、文章を書く際には「起承転結」を意識するのが一般的ですが、

 

サイト・ブログの記事を書く時にはそれは例外になります。

 

起承転結の場合、結果は最後になるため最後まで読んでくれないサイトやブログでの媒体には向きません。

 

なので、ユーザーに対して文章の最初の部分では「この記事ではこの事について説明します。」と、結果から述べ、その後に説毎することをおすすめします!

 

記憶に残りやすくするため

そして、結論から述べることによりユーザーの記憶に残りやすいというメリットがあります。

 

こちらは例を挙げて紹介していきます。

 

例えば、旅先でラーメン屋を探している時に「このお店ではラーメンがおすすめです」と書いていた場合、

 

「お!このお店はラーメンがおすすめじゃん!」「なんでおすすめなんだろう?」と興味がわきませんか?

 

その後に、

  • 麺にこだわってます
  • スープの○○にこだわってます
  • 鶏ガラスープが決め手です

と、おすすめの理由を紹介されれば、更に更に興味を惹けますし、

 

次に来た時も「あのラーメン食べたな」と記憶に残ります。

 

この事はブログでも同じです。

 

長い説明の部分から紹介されれば、読みたいという興味すらわきません。

 

そのため、サイト・ブログにおいては

 

  • ユーザーは記事を全部読まない
  • 記憶に残りやすくするため

 

の2つの理由から結論から述べるようにしましょう!

スポンサーリンク

ブログ記事の書き方②見出しだけで内容を分かるようにする

次は見出しに関するポイントを紹介していきます。

 

そのポイントとと言うのは、

 

「見出しで本文の内容を分かるようにする」という事です。

 

何気なく使っている見出しかもしれませんが、

 

ユーザーは見出しの部分でその記事が読む意味があるのかを判断します。

 

もちろん、見出しを見てユーザーがこの記事は価値がないと判断すれば、ほとんどの人がすぐにクラウドバックします。

 

そうならないためにも、ユーザーが記事をクリックした後の流れを知る必要があります。

 

  • ユーザーが記事を読むときの流れ
    • 記事を見る
    • 流し読みをする
    • 画像や見出しといった目立つ部分に注目する
    • 流し読みが終わる
    • 知りたいと思った部分を詳しく読む

 

という事で、あなたの記事がちゃんと読まれるのは流し読みが終わった後です。

 

読者が自分のサイト・ブログの記事を流し読みをしている時に、

 

「読んでみよう」と思われなければクラウドバックしてしまいます。

 

そのため、見出しでユーザーに興味を惹かせることがとても重要なんです!

 

ですので、見出しの部分で本文の内容を分かるようにして読者の目を惹く必要があります。

 

今後見出しの作成をする場合は見出しの決め方に注意して、

 

見出しだけで本文が分かるようにしましょう✨

 

関連記事:

基本のブログの記事構成をご紹介!それぞれの役割を理解して効果的な記事作成‼

 

ブログ記事の書き方③本文は具体的に書く

サイト・ブログの記事で文章を書く場合は、具体的に書くようにしましょう。

 

「具体的ってどういう事?」と思う人もいると思いますが、

 

基本的にはこの2つについて意識しながら、文章の作成を行ってみてください!

 

  • 文章を具体的に書くための意識する点
    • 数字
    • 名詞

 

例えば、

 

「ブログランキングに登録するためのポイントはそんなに多くありません!」ではなく、

 

「ブログランキングで登録する際に気をつける点はたったの3つだけです!」

 

「多くの人に人気の商品」ではなく「あの○○さんも絶賛にせている商品でその売り上げは何と1000万以上!」問う感じで具体的に表現してあげた方が、

 

ユーザー側からしても、伝わりやすく、分かりやすい文章が出来上がるので

 

数字、名詞を入れて文章を具体的に書くよう努力しましょう✨

スポンサーリンク

ブログ記事の書き方④子供にでも分かる内容にする

サイト・ブログの記事では文章はなるべく子供にも分かるような簡単な内容にすることをおすすめします。

 

その理由は、中学生でも分かるくらいの文章がユーザーからしても分かりやすい文章であり、伝わりやすいからです。

 

中学生にも分かる文章と言われても詳しく分からないと思うので、

 

以下の4つの点を押さえてサイト・ブログの記事を制作してみてください!

 

  • ユーザーに分かりやすい文章を制作するためのポイント
    • 1つの文章で伝えることは少なくする(伝えることはできれば1つがベスト)
    • 文章を長すぎないようにする(1つの話題=100~400文字)
    • 主語と述語は近くに配置する
    • 漢字は長く並べない(3文字以上はOUT)

 

この4つの項目を意識しながら、記事を作ると分かりやすい文章が出来上がりますので、

 

中学生にでも理解できるような文章を作る事を意識して行うようにしましょう♪

 

まとめ:サイトの記事の書き方は基本を守れば読まれるようになる

今回はサイト・ブログの記事の書き方を紹介しました。

 

最後に今回のまとめですが、改めて以下の4つのポイントを押さえてサイト・ブログの記事を作ってみてください。

 

  • サイト・ブログで記事を書くためのポイント
    • 最初に結論から述べる
    • 見出しだけで内容を分かるようにする
    • 本文は具体的に書く
    • 子供でも分かるような内容にする

 

自分の文章にやる気のない人はとにくこの4つを意識した上で記事の作成を行ってみてください。

 

少しずつですが、あなたの文章に変化が現れると思います。

 

そうすれば、あなたの記事も読まれるようになりますので、頑張ってみてください!

 

他にも読者からのアクセスを増やすためにはSEOの知識が必要です。

 

魅力的な文章を書けるようになった後はSEOに関する知識を学ぶ事で更に多くのアクセスを見込むことができます!

 

更に多くのアクセスを得たいという人はこちらの記事をご覧ください♪

 

関連記事:

ブログのSEO対策5選!初心者でも今日からできるSEO対策をご紹介!

カテゴリ:記事に関する講義 

管理人プロフィール

名前:ハルマ

18歳から自分の夢をきっかけにブログを始めました。ブログを始めた当初はネットに関して全く知識のない状態から始めました。

現在は将来のネットビジネスの会社のために資産作りとしてブログを運営し、毎日1記事投稿を行っています。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿

スポンサーリンク




ブログを始めたい人におすすめの記事

スポンサーリンク
大学生に読んでほしい記事

ページの先頭へ