内部SEOと外部SEOって何?それぞれの詳しい対策法をご紹介‼

SEO対策と一概に言っても、SEO対策は2つのジャンルに分けることができます。

 

Googleの検索エンジンは被リンク、タイトル、タグ、h1の記載など

 

全部で200以上の項目を基に検索順位を決定しています。

 

そして、その対象項目を2つに分けることができ、

 

それが「外部SEO」「内部SEO」になります。

 

今回はその外部SEOと内部SEOについて紹介していこうと思います✨

 

スポンサーリンク

外部SEO対策って何?

外部SEO対策というのは簡単に紹介すると、

 

「外部のサイトから被リンクを設定してもらう方法が外部SEO対策」になります。

 

そのため、自分のサイト以外にも外部のサイトがあって成り立つSEO対策になりますので、

 

自分でコントロールすることができませんが、次に紹介する内部SEOよりも効果が大きく表れやすい特徴があります。

 

ただ、その外部のサイトが自分のサイトの内容が違かったり、評価の低いサイトから被リンクは意味がありません。

 

むしろそのような被リンクを増やしてしまうと、ペナルティーを受ける可能性があります。

 

ペナルティーを受けると検索結果に二度と表示されなくなってしまいます。

 

外部SEO対策で重要なのは「質の良いコンテンツ」から被リンクを受けることです。

 

外部SEO対策を行うための方法

外部SEOを行う時は闇雲に被リンクを受けていてはいけないという事が分かっていただけたかと思います。

 

SEO対策として重要なのは、関連度が高いサイトと評価の高いサイトからのリンク設定です。

 

そのようなサイトから被リンクを増やしていくことが外部SEOとしての役割を始めて果たすことになります。

 

リンクを増やすための手段としてSNSを活用する方法があります。

 

もとろんその際にも全く関係のないジャンルや評価の高くないコンテンツからの被リンクは意味がありませんが、

 

SNSで記事が拡散され、関係のあるコンテンツから被リンクの設定をしてもらえれば

 

効果てきめんです。

 

被リンクを増やすための方法はSNSを活用するだけではありませんが、

 

SNSを活用して被リンクを増やす方法も実践してみてください♪

 

関連記事:

SEO対策の被リンクとは?増やし方5選と注意点をご紹介

スポンサーリンク

内部SEO対策って何?

内部SEOは「自分でサイト内を調節して、検索エンジンに評価してもらう施策」の事を言います。

 

外部SEOと比べて自分でコントロールすることができる分、成果は表れにくいですが、

 

外部SEOを行うための下積みとなる要素になりますので、

 

サイト内を充実させておく必要があります。

 

具体的な対策は次に紹介していきます✨

 

内部SEOの具体的な対策方法

コンテンツの質向上

 

まず最初に行うべきことはコンテンツの質を高めることです。

 

外部SEO対策同様ですが、Googleははコンテンツの質の良さを重視しています。

 

そのためには、キーワードを意識したコンテンツ作りから

 

ロングテールを意識しながらコンテンツ作成を行うことが重要です。

 

ただ、キーワードをサイト内に埋め込むだけでなく、

 

キーワードに関する情報も多く記すことが高い評価を受けるためのポイントになります♪

 

タイトルのキーワードを埋め込む

 

titleタグというのは、「コンテンツのタイトル」と考えてもらって良いです。

 

検索をした時に検索結果として表示されるので、読者が判断しやすい内容であることをおすすめします。

 

ページの内容を示す部分になりますので、Google側もこのタグを重要視しています。

 

なので、このタグにもキーワードを詰め込むことがSEO対策になるので、

 

とても重要です。

 

ページごとに設定できますので、他のページと被らないように注意しましょう。

 

h1タグについて理解する

 

hタグは見出しとしてh1~h6が存在します。

 

数が小さければ小さいほど、検索エンジンから高い評価を受ける上で重要なタグになります。

 

そのため1番重要になってくるのは「h1タグ」になります。

 

titleタグ同様にh1タグにはキーワードを埋め込むことがSEO対策になり、

 

被らないことに気を付けるようにしましょう。

 

SEO対策にもなるh1タグ設定のルールや注意点をご紹介!

 

コピーコンテンツは絶対にNG

 

サイト内に他人のコンテンツをコピーしたと思われるコンテンツがあると、

 

Googleはコピーコンテンツと判断してペナルティーをくだす場合があります。

 

ですが、世界中には数多くのコンテンツが存在するための、

 

どのコンテンツとも似ていないコンテンツを作るのは難しいため、

 

内容が似ているだけなら、ペナルティーの対象にはなりません。

 

ただ、コンテンツを丸々コピーしたようなコンテンツがあれば、

 

ペナルティを確実に受けることになりますので、他人のコンテンツをコピーした内容は

 

公開しないようにしておきましょう。

 

しっかりと、自分の言葉でコンテンツを作成することが大切です✨

 

サイトマップの設置

 

ブログを運営している人はサイトマップを設置するようにしましょう。

 

その理由は、サイト内の構造をGoogleに伝えることができるからです。

 

そうすることによりインデックスの優先度がGoogleも素早く理解して、

 

的確なインデックスをしてくれるようになります。

 

つまり、新しいコンテンツを作成した際にも素早くインデックスされるため

 

早い評価を受けることができます。

スポンサーリンク

まとめ:外部SEOと内部SEOを理解した上でSEOを行おう

という事で今回は、外部SEOと内部SEOについて簡単に紹介していきました。

 

SEO対策を行う時は、この外部SEOと内部SEOを理解していると非常に便利だと思います。

 

外部SEOで被リンクを受けたい時は、まず内部SEOを行いサイト内を充実させる必要があります。

 

そのため、初心者の人は内部SEOから行うようにしましょう。

 

初心者の人が今すぐ行えるSEO対策については別の記事で紹介しているので

 

ぜひ、合わせて読んでみてください♪

 

関連記事:

SEO対策の被リンクとは?増やし方5選と注意点をご紹介

管理人プロフィール

名前:ハルマ

18歳から自分の夢をきっかけにブログを始めました。ブログを始めた当初はネットに関して全く知識のない状態から始めました。

現在は将来のネットビジネスの会社のために資産作りとしてブログを運営し、毎日1記事投稿を行っています。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿

スポンサーリンク




ブログを始めたい人におすすめの記事

スポンサーリンク
大学生に読んでほしい記事

ページの先頭へ