SEO対策にもなるh1タグ設定のルールや注意点をご紹介!

 

皆さんはSEO対策を意識して見出しタグを活用しているでしょうか?

 

実は皆さんが日ごろ何気なく活用している見出しタグにもSEOが関係しています!

 

見出しには優先順位があり、活用する上では見出しタグのルールを知っている必要があります。

 

見出しタグのルールを把握したうえで活用することができれば、効果的なSEO対策にもつながります。

 

今回紹介するのは、見出しタグに関するルール、そして見出しタグを設置する際の注意点について紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

そもそも見出しタグって何?

見出しタグは、その名の通り見出しの役割をするタグの事を言います。別名でhタグと呼ばれることもあります。

 

見出しと言うのは、新聞や雑誌にある記事の内容を簡潔に伝える役割があります。

 

見出しを見れば、次に伝える本文の内容が分かるようなものですね♪

 

ブログやサイトでは見出しタグとしてh1~h6までがあり、見出しタグは数字が小さければ小さいほど重要性が高いです。

 

  • 見出しタグ
    • h1(1番重要性がある見出しタグ)
    • h2(2番目に重要性がある見出しタグ)
    • h3(3番目に重要性がある見出しタグ)
    • h4(4番目に重要性がある見出しタグ)
    • h5(5番目に重要性がある見出しタグ)
    • h6(6番目に重要性がある見出しタグ)

 

見出しタグとSEOの関係について

 

見出しタグがどの位のSEOに効果あるのは定かではありあせんが、見出しタグをないがしろに設定すれば順位が下がる可能性は大いにあり得ます。

 

なので、最低限SEO対策になる見出しタグの設定はしておくようにしましょう!

 

見出しタグの設定と言ってもやることは簡単です。

 

それが、「見出しにキーワードを含める」という事です。

 

特に、重要性の高い見出しタグの部分にはキーワードを含めることを意識するようにしましょう。

 

ですが、見出しの文章がおかしくなるようでしたら無理に入れる必要はありません。

 

見出しは記事の作成を行ったことがある人なら分かると思うのですが、見出しと言うのは1つの記事に対して複数設定すると思うので、

 

すべてに対してキーワードを入れる必要もありませんし、日本語をおかしくしてまでキーワードを無理に詰め込む必要はありません。

 

ハルマ
ハルマ
最低でもh1タグにだけキーワードを詰め込むよう意識しておけば最悪大丈夫だよ♪

 

あくまで読むのは、検索エンジンではなく読者です。日本語をおかしくしてまでキーワードを詰め込めば、

 

必然と検索結果の順位が下がります。それでは元も子もありません。

 

読者の事を意識した上でキーワードを見出しタグに設定するようにしましょう♪

スポンサーリンク

知っておきたい見出しタグのルール

見出しタグの設定に関する絶対のルールは存在しません。

 

ですので、読者の事を考えてどれだけ見やすくするための考慮ができるかという自分自身での判断が重要です。

 

次に見出しタグを設置する上でのルールを紹介しますが、見出しタグを設置する上で把握しておきたい基本的な項目にもなりますので、

 

見出しタグをうまく使いたい人は以下の項目を押さえておくようにしましょう♪

 

順序良く設置する

 

Googleは見出しタグを正しい順序で使用することを推奨しています。

 

見出しタグはh1~h6までありますが、その順番を守りながらコンテンツ作成を行い、

 

見出しタグの設定を行うことが読者にとっても見やすく、SEOの効果にもつながります。

 

そして、見出しタグにはそれぞれ役割が決まっています。

 

  • 見出しタグのそれぞれの役割
    • h1タグ→大見出し
    • h2タグ→中見出し
    • h3以降のタグ→小見出し

 

このように役割が決まっているため、順番通りに設置することが重要です。

 

見出しタグを順番通り設置することによって読者にとって有益なコンテンツの構造を作り上げることが出来ます。

 

こいき
こいき
えも、デザイン的に順番通りにしない方が良いと思う時もあるんだワンけど、その場合はどうなんだワン?

デザイン的に「h2タグよりh3タグを使いたい」と思う時もあるかもしれませんが、

 

デザインの都合で見出しタグの順番を変えるのはやめるようにしましょう。

 

見出しタグはあくまで見出しのためのタグになります。本文内に強調目的で入れたり、装飾目的で入れるのはやめるようにしましょう。

 

仮にそのような使い方をすれば、検索エンジンからユーザビリティの低いコンテンツと判断され悪い評価を受ける可能性があります💦

 

h1タグの複数設置

 

ブログやサイトによっては、h1タグの見出しが複数設置されている場合があります。

 

この行為は記事によって検索エンジンからの評価を下げる行為と言われていますが、

 

h1タグの複数設置によりブログやサイトの評価が落ちることはありません。

 

ハルマ
ハルマ
コンテンツ次第で、h1タグを複数使った方が読者に見やすなら複数設置しても全然大丈夫だよ♪

しかし、h1タグの目的はあくまでページの概要を伝える事なので、基本的には1つの方が自然だと言えます。

 

ですので、可能ならばh1タグを複数設置することは避けるべきだと思います。

 

もちろん、大見出しになるh1タグはコンテンツ内に1つなのが基本的に自然ですが、

 

それ以降のh2タグ~h6タグといった中見出し、小見出しタグは複数設置するのが基本的な形になります。

 

また、読者が一目見てその後の本文にどのような事が書かれているかというのが分かるような見出しの設定を心がけるようにしましょう。

 

読者にとって見にくい見出しは検索エンジン的にも評価が悪い可能性があります。

 

ですので、読者にとって見やすい見出しタグの設置を日ごろから心がけるようにしましょう✨

 

画像の設定について

 

ブログやサイトによってはhタグの設定が画像の場合があります。

 

hタグが画像でもaltタグを使用してテキストを入力していれば基本的に、hタグが画像でも問題はないです!

 

hタグを画像にする場合は、画像名がコンテンツの内容と一致しており、具体的に説明をしている画像を使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

見出しタグの注意点

無駄に多く見出しを設置しない

 

多くの人がしてしまう見出しタグの設置に関するミスは、無駄に多くの見出しタグを設置してしまう事です。

 

コンテンツの内容によって見出しタグの適切な数や見出しは何個でも設置することが出来るので、

 

初心者の人は混乱してしまうと思います。

 

あくまで見出しの目的はコンテンツ内で区切りをつけて分かりやすく読者に伝えるのが目的になります。

 

見出しタグを設定する時は、この目的を忘れず設定するようにしましょう。

 

この目的を知らず無駄に多くの見出しタグを設定すれば、読者にとって見にくいコンテンツが出来上がってしまいます。

 

コンテンツ内の文章を読んだ上で、見出しがあった方が良いと思う場所に見出しを設定するようにしましょう!

 

見出しは長くしすぎない

 

そして、見出しはあまり長くない方が良いです。見出しが長すぎると読者にとっても分かりずらいですし、

 

検索エンジンからの評価も下がる可能性があります。

 

適切な文字数はコンテンツ内にこだわるため、「何文字以内にした方が良い」という正確なアドバイスはできませんが、

 

あまり長すぎず、コンテンツごとに適当な文字数にすることが大切です。

 

コンテンツごとに適切な文字数で見出しを設置することができたら、

 

その見出しが本文の内容を簡潔に表せているか確認してみましょう。

 

できる限り一行で簡潔に本文を言い表せるよう工夫をして見出しの設定を行うようにしてみてください✨

 

キーワードは埋め込みすぎない

 

これは先ほども言いましたが、キーワードを埋め込みすぎて見出しの日本語がおかしくなるようでしたら無理にキーワードを埋め込む必要はありません。

 

更に極端に違和感がある見出しになれば、スパム認定されることもあります。

 

ユーザーにとって分かりやすくするためにキーワードを埋め込むことは良い事ですが、

 

無理に埋め込むことは逆効果です。

 

キーワードを入れる場合は、自然な形になるよう意識しながら見出しを設定するようにしましょう♪

スポンサーリンク

まとめ:見出しはルール、注意点を理解して正しく設定しよう

今回は見出しタグのルールや注意点について紹介しました。

 

今回の記事で見出しタグの設置について少しの手助けにでもなれば幸いです!

 

色々見出しタグについて紹介しましたが、今回僕が覚えててほしいのは、

 

「読者に分かりやすく伝える」という見出しの目的です。

 

見出しの目的を理解することが出来たら自然と読者にとっえ役に立つ見出しの制作することが出来ると思います。

 

見出しの目的を意識しながら今後の見出しの制作をおこなってみてください♪

 

また、今回の記事では見出しの役割について紹介しましたが、

 

他のタイトルや前書き、本文、まとめの部分についても役割をまとめました。

 

見出し以外にもこの項目をの役割を知っておくことは、読者にとって分かりやすい記事作成につながりますので、

 

ぜひ合わせて読んでみてください。

 

基本のブログの記事構成をご紹介!それぞれの役割を理解して効果的な記事作成‼

管理人プロフィール

名前:ハルマ

18歳から自分の夢をきっかけにブログを始めました。ブログを始めた当初はネットに関して全く知識のない状態から始めました。

現在は将来のネットビジネスの会社のために資産作りとしてブログを運営し、毎日1記事投稿を行っています。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿

スポンサーリンク




ブログを始めたい人におすすめの記事

スポンサーリンク
大学生に読んでほしい記事

ページの先頭へ