SNS広告のメリット・デメリットって何?利用する時の1番重要のポイントもご紹介!

SNS広告は近年で一番注目を浴びている手法です。

 

ですが、SNS広告が何なのか、

 

何が良いのかについて知らない人が多いのも事実です。

 

今注目を浴びているのにはしっかりとした理由があります!

 

今回はSNS広告とは何なのか?どんなメリットがあるのか?

 

どんなデメリットがあるのか?を初心者にもわかるように紹介していこうと思います✨

スポンサーリンク

SNS広告とは

現在では4大SNSとしてInstagram、Twitter、Facebook、LINEがユーザーの規模感から挙げられています。

 

そんなSNS広告の特徴は、狙ったターゲットに向けて広告を表示してアプローチすることができる点です。

 

SNSには基本情報(名前、年齢、性別、住所etc)を登録しますが、その基本情報に合わせて表示する広告を配信するので、

 

高い効果を見込むことができます!

 

SNS広告とWeb広告の違いって何?

主にSNS広告とWeb広告の違いは「ターゲッティングする方法」です。

 

  • SNS広告とWeb広告のターゲッティングする方法
  • SNS広告:各SNS登録する際の個人情報を基にターゲッティングをする
  • Web広告
    • アドネットワーク:ユーザー過去の検索履歴を基にターゲッティングをする
    • リスティング:ユーザーの検索するキーワードを基にターゲッティングをする

 

それぞれ詳しく紹介していくと思います!

 

SNS広告

 

例えば、SNS広告は先ほども言った通り、

 

SNSに登録する際の基本情報を基に広告の表示をします。

 

そのため、個人個人が興味のある広告を表示するため、

 

高い効果を見込むことができます。

 

 

Web広告

 

対して、Web広告は個人個人に合わせて広告を表示するといった

 

細かく対象を定めることはできません。

 

Web広告にも大きく分けて種類があり、

 

それがアドネットワークとリスティングの種類になります。

 

アドネットワーク

アドネットワークはブログやスマホアプリに表示されている広告です。

 

SNS広告のようにターゲットを絞って広告を表示することはできませんが、

 

個人個人の検索履歴から適している広告を表示するためSNS広告同様に高い効果を混むことが可能になります。

 

リスティング

そして、リスティング広告はユーザーが検索した際に

 

表示される検索結果に掲載されている広告になります。

 

GoogleやYahoo! で検索すると上部に「広告」と表示されているページがありますが、

 

それがリスティング広告になります。

 

ユーザーが検索した関連のキーワードを基に広告が表示されるため

 

自分のWebサイトに誘導しやすい特徴があります。

スポンサーリンク

SNS広告のメリット

  • SNS広告のメリット
    • ターゲットを絞りこんでマーケティングを行うことができる
    • 拡散してもらえる可能性がある
    • 広告費が安い

 

ターゲットを絞り込んでマーケティングを行える

 

SNS広告は何度も言うように、SNS登録する際の個人情報を基に広告の表示を行うので、

 

ターゲットを絞り込んで広告を配信することができます。

 

例えば、スーツやネクタイ、腕時計といったSNS広告を配信する際は

 

10代~20代の男性に向けて配信すれば大きな効果を見込むことができそうです。

 

このように、SNS広告は個人情報を参考にした上で、効果的な広告を配信することができます。

 

自分のの紹介する商品・サービスのターゲットが明確になっている人は

 

ぜひ、SNS広告を活用することをおすすめします。

 

拡散してもらえる可能性がある

 

SNS広告は、もちろんSNS内での話になりますので人気のなる商品、

 

特徴のある商品、面白い商品を宣伝すれば

 

多くの人に拡散してもらえる可能性があります。

 

最初の段階である程度の影響力がないと拡散されるのが難しく

 

少し運の要素もありますが、拡散されれば爆発的な効果を生み出します!

 

そのような可能性を秘めているのでとても有効なメリットだと思います。

 

広告費が安い

 

SNS広告はWeb広告と比べて費用が安い傾向があります!

 

先ほど紹介したWeb広告とSNS広告のクリック単価を比べてみます。

 

  • SNS広告とWeb広告の費用の違い
    • SNS広告:約100円~200円
    • アドネットワーク:200~300円
    • リスティング広告:200~300円

 

SNS広告がWeb広告と比べて費用が安い理由は、

 

SNS広告の競合が少ないからです。

 

ですので、もしかしたら今後人気のあまり競合が増えれば

 

クリック単価が高くなる可能性を否めません。

スポンサーリンク

SNS広告のデメリット

  • SNS広告のデメリット
    • あくまで配信されるのはSNS内だけ
    • 費用を無駄にするリスクも高い

あくまで配信されるのはSNS内だけ

 

Web広告に比べSNS広告が勝てない点は、広告を掲載しる範囲です。

 

Web広告はインターネット上すべてを使用して広告を掲載することができますが、

 

SNS広告はSNS内だけになります。

 

SNS広告は深く狭く、Web広告は浅く広く広告を出すイメージになります。

 

そのため広い範囲で宣伝したい場合はSNS広告は向いていません。

 

費用を無駄にするリスクも高い

 

ターゲットを絞り宣伝することができるというのはメリットでしかないように思えますが、

 

仮に結果が出なければ、何の成果も得ることが出えきなという事にもなります。

 

つまり、費用を無駄にするという事になります。

 

そうならないためにもSNS広告を使ってしっかりとマーケティング戦力を立てる必要があります。

 

今回の記事を読んでSNS広告が比較的使いやすく効果のある広告という事が分かっていただけたと思います。

 

そのため、「僕もSNS広告使いたい!」というもいると思います。

 

その時には最低でも以下のポイントを押さえて利用するようにしましょう。

 

 

【重要】SNS広告を利用する時の最低限押さえるポイント

最初の方に4大SNSを取り上げましたが、それぞれのSNSにはユーザーの特徴があります。

 

その特徴を最低でも押さえておかないとただただ費用を無駄にするだけになります。

 

そのため、最低でもそれぞれのSNSのユーザーの特徴に把握しておきましょう♪

 

Facebook Twitter LINE Instagram
40代
30代 〇(女性)
20代 〇(女性)
10代 〇(女性)

 

この表は〇のついている年代が

 

最も多く利用しているSNSのユーザーになります。

 

そのため、TwitterでSNS広告を利用する際は

 

10代・20代男女に興味のある広告を制作し宣伝しなくては

 

集客するのが難しいという事です。

 

つまり、自分が紹介した商品がどの年代の興味を惹きそうなのかで、

 

使用するSNSは変わってきます。

 

なので、最低でもどのSNSにどの層の男女が多いのか把握して

 

SNS広告は利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ:SNS広告の注目を浴びている理由

今回はSNS広告について紹介していきました。

 

皆さんはSNS広告のメリット・デメリットを照らし合わせてみて利用してみたいと思えたでしょうか?

 

今回の記事を読んでいただければわかると思いますが、

 

今このSNS広告が注目を浴びている理由は年々SNSを利用するユーザーが増えているからです。

 

皆さんがSNSを利用する際に昔と比べればかなりの数の広告が表示されるようになりましたよね!

 

今後さらにSNSの利用するユーザーが増えればSNS広告はもっと注目の的にあります。

 

今は利用しなくてもいずれ集客する際はSNS広告を視野に入れて考えてみてください♪

 

また、今回比較したWeb広告についても紹介しているので

 

気になる人は合わせて読んでみてください。

 

関連記事:

リスティング広告を簡単に紹介!SEO対策とどちらが優秀なのかも比較してみた

管理人プロフィール

名前:ハルマ

18歳から自分の夢をきっかけにブログを始めました。ブログを始めた当初はネットに関して全く知識のない状態から始めました。

現在は将来のネットビジネスの会社のために資産作りとしてブログを運営し、毎日1記事投稿を行っています。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿

スポンサーリンク




ブログを始めたい人におすすめの記事

スポンサーリンク
大学生に読んでほしい記事

ページの先頭へ