中田敦彦のSTUND UP STUDYで語るヒカルの突破力の秘密とは?

皆さんは「中田敦彦のSTUND UP STUDY」という番組をご存じでしょうか?

 

2019年の12月12日からテレビ朝日系列で放送されているこちらの番組は1回の放送ごとに中田敦彦さんが気になる異端児=ピカソから生きるためのヒントを学ぼうというという番組になっています。

 

番組が開始したのがつい最近で、番組1回目に放送された時のゲストがなんとYouTuberのヒカルさんでした。

 

YouTuberのヒカルさんと言えば、チャンネル登録者数が350万を超え、大物ユーチューバーの1人として多くの人から人気を得ています。

 

そんな、ヒカルさんが1回目の放送でプレゼンした内容に僕はとても感銘を受けました。

 

今回、この記事ではヒカルさんの大ファンである僕が、ヒカルさんとはどういう人なのか?YouTuberであるヒカルさんがテレビで何を話したのか?という内容をメインに紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

そもそもYouTuberのヒカルさんってどういう人?

「YouTuber」というのは現代で多くの人から認知されるようになった職業であり、知らないという人も少なくはありません。

 

有名なYouTuberでいえば「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」がいます。

 

ですが、それでも「YouTubeがそんなに詳しくない」「YouTubeはよく見るけどヒカルって誰?」という人も少なからずいると思うので、

 

まずはYouTuberのヒカルさんについて詳しく紹介していこうと思います!

 

YouTuberヒカルの基本的プロフィールを大公開!

 

  • 基本のプロフィール
    • 名前:ヒカル
    • 本名:前田 圭太
    • 生年月日:1991年5月29日(2020年現在…29歳)
    • チャンネル登録者数:353万人(2020年1月現在)
    • 身長:176㎝
    • 出身地:兵庫県姫路市

 

ヒカルさんのチャンネルはこちら

スポンサーリンク

YouTuberのヒカルさんってどういう人?

ヒカルさんはとても自分に自信を持っている人で、それは今のように実力のある頃からではなく昔からだそうです。

 

そのため、今では結果を出し評価されてきているので、言われませんが、昔は多くの人から「ビッグマウス」「生意気」「調子乗ってる」と言われ、

 

「YouTubeで1番嫌われているYouTuber」として有名な時期もありました。

 

ですが、ヒカルさん持ち前のトーク力とカリスマ性を活かし、現在では350万人以上の人から支持を受けています。

 

そんな、ヒカルさんが投稿しているYouTubeの動画は都市伝説系やホラー系、実験検証、ドッキリ、カード開封、UFOキャッチャー、1000円ガチャの動画が多く投稿されています。

 

そして、ヒカルさんの動画は1つの動画に使用されるお金の金額が多い事でも有名です。

 

例えば「○○100万円分買ってみた」や「△△1000円分してみた」など、100万円や1000万円といった金額が多くの動画で出てくるため爽快感のある動画が多いのが見どころです。

 

今までに本以上の動画を投稿していますが、その中でも特に印象的な動画は「当たりはなかった?祭りクジの悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します」という動画です。

 

こちらの動画は、とある春祭りに設置されているクジ屋を買い占めるという動画なのですが、現在4000万近く再生されている動画です。

 

当時は、テレビで取り上げられるほど反響を呼んだ動画になっています。

 

 

 

記念すべき1回目が放送された中田敦彦のSTUND UP STUDYの内容は?

中田敦彦さんのSTUND UP STUDYは12月12日に始めてっテレビ朝日系列で放送され、記念すべき1回目のゲストでYouTuberのヒカルさんが出演しました。

 

その日はゲストであるヒカルさんほが「突破力をSTUDY」をテーマに、型破りとはどういうことなのか?についてプレゼンしています。

 

ヒカルさんは下記のような人に向けてプレゼンを行いました。

 

  • 空気を読みすぎてしまう人
  • 周りの人に意見を流されやすい人
  • 素の自分を出せずに悩んでいる人
  • 今いる環境が生きにくいと感じている人
  • 他人の顔色をうかがって言動を決める自分が嫌な人
  • 人気にはなりたいけど炎上はしたくない人

 

実際、場の空気を読むことや周りの意見を尊重したり、他人の顔色をうかがうことは何も悪い事ではないと思います。

 

ですが、そのような行動をとり少しでも生きにくいと感じている人もいるのは事実です。

 

ヒカルさんはそのような人に向けて「はみだし続ければ突破できる」と語っています。

 

次に紹介するのは、ヒカルさんがこの番組で語った驚くようなプレゼンの内容についてです。

 

上記のような理由から、少しでも息苦しく感じているような人はヒカルさんの考えを参考に少しでも変わろうというきっかけになれば幸いです。

 

日本人はまじめすぎる!「ウソをつきまくれ」

ほとんどの人が、昔から「ウソをつくのは良くないことだ」「ウソはついちゃダメ」と言われてきたはずです。

 

僕も実際に子供の頃から耳にたこができるほど大人の人から言われてきました💧

 

ですが、ヒカルさんはそのような意見を一蹴し、「ウソをつきまくれ」と語ります。

 

ヒカルさんが語るウソというのは人を傷つける・騙すような嘘のことではありません。

 

ヒカルさんが言う嘘というのは「自分を騙すためのウソ」の事です。

 

ヒカルさんの考えでは、成功者は全員ウソつきという考えで、嘘を掲げて人が付いてきていると語ります。

 

どういう意味かは、実際に現状成功者であるヒカルさんを例えて説明をしていきます。

 

ヒカルさんがついてきたウソ

ヒカルさんは、「日本一のYouTuberになる」と言ってYouTuber活動を本格的に始めました。

 

ですが、ヒカルさんは現状日本一のYouTuberではありませんし、もっと人気を得ているYouTuberはたくさんいます。

 

つまり、現時点でこの言葉は嘘になります。ですが、その言葉を信じてついてくるファンの人がいます。

 

他にも、Twitterで「今日2時間しか寝ていない」とウソをつけば、ファンの人からは

 

「ヒカルさん頑張ってるんだね!あまり無理しないで」

 

「ヒカルさん応援しています!」

 

と多くのリプライが返ってきて応援されます。ですが、そのようなツイートは9割は嘘と語りました。

 

ヒカルさんはそのような嘘をつく事で、自分を追い込んでると言います。

 

つまり、「2時間しか寝ていない」という嘘をつく事は自由だが、ついたら「2時間しか寝ていないようなパフォーマンス」をしなくてはいけません。

スポンサーリンク
ヒカルが考えるウソがもたらす化学反応

今では言われなくなりましたが、ヒカルさんは昔たくさんの人から「ビッグマウス」と言われ嫌われていました。

 

しかし、ヒカルさんにとってビッグマウスやウソをつく行為は現状を打開するための有効な手段と語ります。

 

どういう意味かというと、僕もそうでしたが、多くの人は「○○を始めたい」「○○は今がチャンス」と言いながら言い訳を楯に挑戦しようとしません。

 

それなら、沢山の人の前で「明日から○○始める」「○○に挑戦します」とウソをつき、もうせざるを得ない環境を自分で作るべきだという事です。

 

僕は、ヒカルさんのこのような意見から家族や友達に「ネットビジネスで月収1000万稼ぐ」と言ってブログをはじめました。

 

もちろん、身内の人も含めて多くの人から「無理でしょwww」「真面目に大学の講義受けなよ」「詐欺だからやめなさい」とやりもしない人から多くの批判を受けました。

 

ですが、多くの人の前でウソをついたからこそ、ブログに挑戦することが出来ましたし、ブログで100記事書くほど継続し結果を出すことが出来ています。

 

ウソをついたからには、やるしかないと追い込まれ、いまだかつてない行動力でブログの運営を行っています。

 

この方法は、結果を出すことが出来れば、自分の行動力を底上げすることが出来ますし、結果を残せばたくさんの人から賞賛を受けることが出来ます。

 

ですが、挑戦しなかったり、結果を残すことが出来なければ、周りからただの嘘つきというイメージが付きます。

 

なので、今の現状を本気で変えたい人が行うべき方法だと思います。叶えたい夢や現状を変えたい人は、ぜひ多くの人にウソをついてみてください。

スポンサーリンク

人と人の関係なんて薄い「友達なんていらない」

皆さんは「友達」と呼べるような人がどのくらいいるでしょうか?

 

「いつも遊ぶ時は色んな人がいるから結構多い!」

 

「いつも学校生活で一緒にいる人は5人くらいだから5人かな~」

 

と人それぞれ友達と呼ぶ基準がバラバラだと思います。

 

もちろんヒカルさんも自分なりの友達に対する基準があります。ですが、ヒカルさんの考える友達の基準はあまりにも極端だと思いました。

 

ヒカルさんが考えでは、「友達というのは世間でいう親友レベルが友達。それ以外は利用価値のない人間」だと考えています。

 

僕は、ヒカルさんのファンという事でどういう性格の人なのか分かるので、理解することが出来ますが、始めて聞くような人にとっては理解しがたい意見だと思います。

 

ヒカルさんは、

 

「世間レベルでいう親友以外の人は、自分が本当に追い込まれた時に助けてくれない。」

 

「自分が本当に大切なものを追いかけている時味方になってくれない」と言います。

 

むしろ、そのような人達は自分を弱くするとまで語ります。

 

僕はこの意見を聞いた時に正直、納得してしまいました。僕が仮に借金100万背負った時に助けてくれそうな友達はどの位いるのだろうと考えた時に、僕の場合はそんなにいませんでした。

 

実際に、ヒカルさんは「起業をする」と友達や家族に告げた時、応援してくれた人はほとんどいなかったそうです。むしろ、ほとんどの人から批判されてきました。

 

もちろん、手伝ってくれそうな人も少なかったころからこのような考えにたどり着いたのだと思います。

 

このような意見を聞いて、友達を選別する必要はありませんが、何か大きな挑戦をするときに今の友達があなたに対してそのような影響を与えるのか?という事を考える必要はあると思います。

 

その時に応援してくれる人、頑張れと言ってくれる人が本当の友達なのかしれません。

スポンサーリンク

第一回の中田敦彦のSTUND UP STUDYを見たい人は「Ameba TV」をチェック



ヒカルさんがゲストで放送された中田敦彦のSTUND UP STUDYはテレビで見ることはもちろんできませんが、

 

現在でもAmeba TVで見ることが可能です。

 

Ameba TVは有名な動画配信サービスになるため、知らない人は少ないと思います。

 

最近では会員数4000万人超えを突破したという事で、超人気の動画配信サービスです。

 

ニュース番組やアニメ、音楽、ドラマ、スポーツと多彩な番組を楽しむことができ、現在では20チャンネルを提供しています。

 

これから大学生は春休みに入る人が多いと思うので、これを機にAmeba TVに登録し有意義な暇つぶしをしてくれれば幸いです♪

 

AbemaTVの公式サイトはこちらから

スポンサーリンク

最後に:ヒカルさんが本当に伝えたい事

今回は、中田敦彦のSTUND UP STUDYで放送されたヒカルさんののプレゼンについてまとめました。

 

ヒカルさんは今の自分を変えたいなら

 

  • ウソをつき続けて自分を追い込む
  • 自分が人生で追い込まれても助けてくれるような人を作る

 

と、2つの方法を紹介していました。

 

ヒカルさんは最後に「自分に対して素直でいつづける」という事について語っています。

 

自分のやりたい事、これからしたい事に対して、素直になり行動する。

 

「親が」「学校が」という理由で自分のしたいことをやらないのはもったいないと語っています。

 

「自分に対してウソをつく」と紹介しましたが、そのようなウソは絶対についてはいけません。

 

自分のやりたいことを明確にし、正直に行動することが今の自分を結果的に型破りすることにつながると語ります。

 

実際に僕もそう思います。今の自分を変えたいという人は自分を見直し、やりたいことに対して素直に取り組むことが大事だと思います。

 

「お金持ちになりたい」「きれいになりたい」「かっこよくなりたい」このような欲望に素直に向き合う事で、今の自分をかえるきっかけになるかもしれません。

 

今回紹介した、ヒカルさんのプレゼンの内容がすこしでも役に立てはば幸いです。

カテゴリ:雑記・備忘録 

管理人プロフィール

名前:ハルマ

18歳から自分の夢をきっかけにブログを始めました。ブログを始めた当初はネットに関して全く知識のない状態から始めました。

現在は将来のネットビジネスの会社のために資産作りとしてブログを運営し、毎日1記事投稿を行っています。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿

スポンサーリンク




ブログを始めたい人におすすめの記事

スポンサーリンク
大学生に読んでほしい記事

ページの先頭へ